« 懐かしい本との再会 | トップページ | 週刊アスキーに記事が載りました »

2004.08.04

驚異の大恐竜博

7月の話ですけれど・・・。

幕張メッセで開催中の「驚異の大恐竜博 起源と進化~恐竜を科学する」に行ってきました。
うちから車で普通に行けばたぶん1時間半程度。・・・のはずが、途中に2箇所も事故発生での渋滞発生で、3時間もかかってしまいました(;_;)。7月中なら「毎日先着1,000名様に、肉食恐竜「カルカロドントサウルス」の歯の原寸大模型をプレゼントします!」っていうことだったので、わざわざ平日に自分の子二人と妹の子三人、合計5人も引き連れて行ったのに~(悔)。

幕張メッセの駐車場遠いです~幕張に行くのはこれが二度目なんですが(一度目はガーデンウォ~ク幕張)、前回は高速の出口を間違えて迷走したので、今回初めてな気分で湾岸習志野出口を降りました。そしたら案の定駐車場がいまいちわからなくて、本当はガーデンウォ~クの駐車場に止めたかったんだけど、なすがままというか、案内板の言われる通りに「幕張メッセ」の駐車場に導かれ・・・結果、ひっじょぉ~~~~に遠いところに止めることになってしまいました。
料金的には幕張メッセ大駐車場が900円/日だからお得なのかもしれないけど、ガーデンウォ~クのレストランで食事すれば2時間無料になったかもしれないんだもん(3000円以上ならね)。ま、後の祭りですけど。
上は小学5年生、下は幼稚園年中さんの子供たち5人が歩くには結構な距離だったのでした。会場がまた駐車場からは一番遠いところで、たどり着く前に体力がなくなるかと思いましたよ。

事前にネットで調べてたんだから、周辺地図くらいは印刷しておくべきでした。
私の愛用している地図は千葉載ってないんです。首都圏版地図は別の車に置いてきちゃったし・・・。とほほ。
しかし幕張メッセは巨大ですね。大恐竜博なのに、全体の四分の一しか使ってないんですね。すごい。

恐竜博一列に並んで!さて恐竜博です。
まず入り口で「音声ガイド」の申し込みがありました。一般用・中学生用・小学生用があり、小中学生のはクイズラリーになっていたみたいです。500円。小学生の子供二人を連れて行く、ってことなら申し込んだかもしれないけれど、ちゃんとクイズなんてしそうもなかったのでパス。
だいたい「音ちゃんと聞いてんのっ?!」と言われている子供の多かったこと(笑)。音声ガイドはあっても意味なかったかもなぁ。

会場内部の様子肉食恐竜研究所

会場は8つの展示ゾーンに分かれていて、進化や発掘などのテーマに沿って展示されていました。
今回は中国やロシアでの発掘物が多かった印象です。

甥っ子、骨格組み立て体験中!子供たちは恐竜の骨に興奮していました。骨に触ったり、骨格を組み立てる体験コーナーなどのある「恐竜研究区」が最も楽しいゾーンだったようです。

羽毛のある恐竜私は「恐竜飛翔区」がおもしろかったです。
恐竜には羽毛があった!っていうアレですね。
これまでは「うろこ」に覆われた姿だと考えられていた恐竜には実は羽毛があったといって再現模型を比較するために展示したものがあったけど、ほんとにこれはびっくり。今までのイメージとまったく違った生き物になってしまってる・・・。最近の研究では恐竜の色も実際は違ってたとも言われているし、これからいろいろまた変わっていくのかもしれないですね。

カエルの化石「恐竜飛翔区」には恐竜と同時代に生きた生物の化石がたくさん展示されていました。
カエルやザリガニなんかもいて、この展示が一番楽しかったなぁなんて・・・。
というのも、今回の展示品、ほとんどが「複製」だったんで、なんだか拍子抜けしちゃったんです。
子供たちにはわからないと思うけれど、それに本物は持ってくるわけにもいかないんだろうけど・・・。
小さな「本物」のほうが私には嬉しかった。

二時間あまりの見学はけっこう早く感じました。
子供たちも意外と熱心に骨格をながめたり、感想を言い合ったりして、成長ぶりを感じました。
なにより、4歳の息子の手をしっかり引いてくれたり、息子と5歳の姪っ子が走り回ろうとすると制してくれたりと、小5と小3の甥っ子二人がものすごくお兄ちゃんとして活躍してくれました。
ありがとう。

子供たちに「どんなのがおもしろかった?」と聞いてみたら7歳の娘や甥っ子たちは「魚糞!」と答えました。
数ある展示物の中でなぜお魚のうんちの化石だよ・・・(-_-)。
ま、いいけどね~!(^_^;

プログラムそしてお土産コーナー。
小5の甥っ子はプログラム(1500円)と発掘キット。この発掘キットは様々な大きさがあったようだけど、一番安い380円のをチョイス。これがまたなんともチープで。もーちょっと良いのにすればよかったよね。自腹で恐竜の爪がデザインされたストラップがほしいけどお金が足りない(730円)というので300円援助してあげることに。結局そのままだけど。

恐竜のミニフィギュア小3の甥っ子と4歳の息子は恐竜ミニフィギュアセット。恐竜がぎっしり詰まっていてお得ですね。

蛍石7歳の娘は蛍石を買いました。彼女は結構石が好きです。ママはテレビ石のほうが楽しいと思ったんだけどなぁ~。5歳の姪っ子は恐竜パズル(1050円)を買ってましたが、家に着いてパズルをやっていたのは二人のお兄ちゃんでした(笑)。そんなもんか。ははは。

見終わってから遅い昼食を取りました。大福家事雑事に書きましたがイマイチでした~。

帰りも2時間近くかかって帰ってきて、ちょっとヘトヘト。
子供たちが「すっごく楽しかったーーーー!」と口々に言ってくれたので、子供たちの夏休みの思い出としてはまずまずだったなぁと満足したけどね。

|

« 懐かしい本との再会 | トップページ | 週刊アスキーに記事が載りました »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 驚異の大恐竜博:

« 懐かしい本との再会 | トップページ | 週刊アスキーに記事が載りました »