« 初めての | トップページ | もの作りビッグギャラリー:搬入編 »

2004.10.11

もの作りビッグギャラリー:準備編

もの作りビッグギャラリーのサイトへ3週間も経ってやっとレポート書きます。
東京ビッグサイトで9月20日(月・祝)と21日(火)に開催された、もの作りビッグギャラリー。

友人のCさんとHさんと3人でseed-timeというチーム名で出展してきました。
Cさんは本職のジュエリーデザイナーさんで、Hさんはかわいいビーズアクセサリーを作る方、手芸もすごく上手でいくつかのショップに作品も置いていらっしゃる方。
お二人ともアクセサリー系なのに、私はイラスト。いいのかな、と思いつつも出展を決めたのでした。
当初の打ち合わせで、私はイラストを描いて、それをエコバッグTシャツにアイロンプリントすることに。
イラストをあれこれ考えつつも夏休みも終わり、あっというまにイベントの日まであと2週間となってしまい、ようやくできたイラストは数点。
結局Tシャツは2点のイラスト、エコバッグは3点、として、その他に3点のイラストをワンポイントにして布バッグをHさんに作っていただきました。
Tシャツのカラー見本Tシャツはanbil社のものを仕入れました。色はインディペンデンスレッド、コロニアルグリーン、ネイビー、アッシュ、そしてホワイトの5色。

エコバッグ見本3種類・大きいサイズそしてエコバッグは普通のサイズとA4サイズの2種類。

エコバッグ見本1種類・A4サイズ布製バッグはHさんのステキなアイディアでステキな裏地を付けたものや取っ手に色の付いたエコバッグなど。
写真上は大きいほうのエコバッグ。サンタさんのお買い物・王様のお買い物・リボン。下はA4サイズのエコバッグ。リボン柄。

Tシャツ・ネイビーに魔女さんTシャツ・かぼちゃと魔女さんのアップ
その他の色のTシャツたち

Tシャツのプリントについてはアイロンプリントの前にシルクプリントをオーダーする、というのとプリントごっこ布用印刷を考えました。
しかし、シルクは多色刷りだと高額になってしまうので断念、プリントごっこもそれ用の用具を用意するのに時間がかかり、印刷の手間もかなりになってしまうことがわかって断念。
アイロンプリントの用紙選びはうちのダンナさんがリサーチしてくれたものを購入することになったのでした。
プリントも結構大変でした。試し刷りしたり、思うような色が出てなかったり、プリンタの調整を何度したことか。
そしてアイロンも家事の合間にちまちまと、って感じで子供達にも家族にも迷惑かけっぱなしでした。ほんとにすみません。
用紙はプリント後に洗濯に強く、割れたりしないもので結構丈夫。でもその分割高でした。品質がいいものでないと、商品を売る、ということに対しての責任みたいなものがあると思うし、それは仕方のないことですね。せっかくお金を出して買ってくださる方に失礼のないように・・・と思うのです。
1枚のTシャツを仕入れてアイロンプリントしただけの原価は結構なものに。
でもそれでも所詮はアイロンプリントなのです。使い勝手はどうでしょうか・・・。

おそろいのエプロンさらにCさんとHさんとの打ち合わせでおそろいのTシャツとエプロン、そしてブース番号のゼッケンを作ることに。

イラストアップTシャツとエプロンには私が描いたワンポイントイラストを使っていただくことに。
そしてそれらをアイロンプリントで作ることになりました。こちらは化繊用のアイロンプリント用紙を使用しました。

プライスタグアイロンプリントのお洗濯の注意書きをハガキサイズの紙に印刷。
それからseed-timeの封をするシールと、プライスタグに貼る各ブランドのシールも作りました。
Cさんのがベルデライト、HさんのがH2MAKT(ハニーマーケット)、そして私のが大福。

グリーティングカード

そして招待状を数人の友人知人に出して、ハロウィンとクリスマスに関するポストカードも2種類作りました。(つづく)

もの作りビッグギャラリー:準備編 搬入編 1日目編 2日目編 反省編

|

« 初めての | トップページ | もの作りビッグギャラリー:搬入編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9670/1651614

この記事へのトラックバック一覧です: もの作りビッグギャラリー:準備編:

« 初めての | トップページ | もの作りビッグギャラリー:搬入編 »