« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

2005.01.24

年賀状デザインコンペ

2005newyearJapan Design Net(JDN)というデザインのシンクタンク主催のJDN年賀状デザインコンペ2005に出品しました。

皆様の投票をお願いいたします。

私の作品は30番台福慶惟新というタイトルのものです。
複数投票可能ですので、ぜひぜひよろしくお願いいたします。

※作品No.は変動することがあるようです。「福慶惟新」というタイトルの作品ですので、ご確認のうえ、投票をお願いします!
投票していただいた方の中から、抽選で10名様に1,000円分の図書カードをプレゼント!とのこと。
投票締切:2005年2月9日 結果発表:2005年3月上旬です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

公衆電話事情

PDFは便利です。プリントアウトしたところ公衆電話の数が減少しています。
携帯電話の普及で、私も公衆電話を利用することがほとんどなくなりました。
若い人の中には公衆電話の使い方がわからないという人も少なくないそうです。
特にテレホンカードの販売機での購入方法を知らない人がいるという話には、驚きをかくせません。
ほんの10年前までは、テレカはごく普通に持っているもので、贈答用にも多く使われていたのに。

途中で偽造テレカが出回り、偽造防止をめざして導入されたのがICカード公衆電話。
なんとそれは使用期限があるカード!しかもその電話器は従来の磁気テレカとの互換性なし!

導入間もないから、ということでなかなか街で見かけないな・・・と思っていたら、このほどIC公衆電話は廃止決定との報道。(NTT東西日本からもプレスリリースが出ました。)導入から6年で姿を消すことになるとは!

私も去年息子の入院の時に病院でICカードを購入し、少し使ったのを持っています。
もう使えなくなるのかな・・・使うこともほとんどないし・・・と思ったら残った分を磁気テレカと交換してくれるのだとか。
さっそくNTT東日本のサイトから交換申請書と専用封筒をダウンロードして印刷。
必要事項を記入してICカードと一緒に郵送。

交換するには、途中使用の分は・使われた分を差額として支払って補填し、新品のテレカと交換する方法と、・使われた分だけパンチ穴をあけてもらい、同等のテレかと交換するという2通りの方法から選択します。

前者の場合はお金を支払う必要があるので、逐一面倒な部分が出てしまいます。
私は後者の方法を選択しました。

それにしても公衆電話、本当に減りましたよね。
先日新宿駅でもずらーっと並んでいたところに2台くらいしか置かれていないのを見て、ちょっとびっくりしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.23

たまにはおしゃべり

息子が怪我をしましたが、絶対安静は解除、という先週の木曜日。
仲良くさせていただいている小学校のママ達と新年会ランチをしました。
息子は立つのがやっと。
とは言っても抱っこは重すぎて・・・。
体重制限ギリギリでしたが、乳児の頃に使っていたバギー復活!です。(^_^;(^_^;(^_^;

ちょっと大きい赤ちゃんね?っていう目で見られましたが、息子は平気な顔してました。

それにやっぱり重い子供を抱いたままの移動は難しいし、出して正解♪
これが体重25kg超の娘だったら・・・・・・それは無理ですね。
どうすんでしょうね。

チーズケーキと紅茶ソフトクリーム

ランチは中華。少し早めに行ったのですんなり座れましたが、お昼時で混雑していたので、そこは早々に切り上げて、場所を変えてお茶しました。
チーズケーキ美味♪息子はソフトクリーム。器もお洒落で素敵でした。

ポケモンをさがせ!外出時には何か気を紛らわせるものを持っていくのですが、今日はうっかり忘れてしまい、ランチの前に立ち寄った本屋さんでポケモンをさがせ!を買いました。一緒に行ったHちゃん・Rくんのおうちで一度お借りした本の別のもの。シリーズになっていて、いくつかあるんですよね。今回はその中のファイアーレッド・リーフグリーンというものです。
ゲームのストーリーに沿っているらしいのですが、あまり知らないのでそこらへんはスルー(^_^;
娘も大好きなので、今は二人で取り合うようにくっついて読んでいます。

開いたところ絵が細かくて楽しい作りになっているので、食事後やお茶して話に夢中になっていても、息子はそちらに集中してくれてよかったです。

肝心の話の内容は、他愛のないおしゃべりでした。
これが一番いいんです。
Hちゃん・RくんのママMさんは2日後がお誕生日。Cちゃん・MちゃんのママSさんにお願いしてプレゼントを用意。
お誕生会も兼ねてしまいました。
おめでと~>Mさん

Sさんは小4のMちゃんがいるので、先輩ママとしてとても頼れる存在。
学校行事のことや子供同士の係わり合いなどを聞いてます。
ホントに大変になるのはこれからなのかな、といったことですね。

まだお話しし足りなかったけれど、タイムリミット。
また今度ね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

少しずつ快復しています

幼稚園ロフトから転落した息子ですが、1週間近く経って、だいぶ良くなってきました。
コメントや掲示板での書き込みやメールで心配してくださった皆様、ありがとうございました。
お尻の痛みは2日くらいでほぼ消え、足首の痛みだけまだ残っていますが、おとといくらいから立てるようになり、昨日は普通に歩くことができていました。
長時間は無理だと思うし、まだまだ全快とは言わないけれど、転落の仕方が悪くなかったのが幸いだったように思います。

幼稚園は昨日まで(土曜日だけどお誕生日会があったのです)お休み。
転落後3日目、幼稚園でクラスの記念撮影があったので、それだけ出席してきました。
その日はまだ立つのはほぼ無理な状態だったので、クラスの子供達がみんな集まってきて心配してくれていました。
息子は大照れ(^_^;
左足首の湿布と包帯を靴下からチラッとのぞかせると、みな一斉に「おお~」「痛そう」「かわいそう~」。
みんなありがとうね(^_^)

明日から幼稚園には行こうと思っています♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.18

息子@4歳落下する

ロフト腰痛など吹っ飛ぶようなことが昨日ありました。
夕方、息子が部屋のロフトから落下し、フローリングの床でお尻を強打しました。
娘@7歳の友達が遊びに来ていて3人で遊んでいたので、私は隣りの部屋にいたのですが、ものすごい音と共に息子の叫ぶような泣き声が。
娘もお友達(男の子)も目を真ん丸くして「落ちてきた!」と言うだけ。
かなり激しく痛がって泣いていたので、落ち着かせるためにベッドへ。
一番痛がっているのはお尻。見ると、お尻のほっぺたに内出血が少しある。
それ以外腫れているところはない。すぐに湿布をして20分ほどしてから、泣き止まないし、何かあってもイヤなので、かかりつけ医に行きました。
先生は骨折しているところはないようだし、様子をみましょう、ということで湿布だけもらって帰宅。
トイレに一緒に行くと痛くて立てないと大泣きするので、よくよく聞いてみると 左足首が痛いらしい。
なんだ、捻挫してるじゃん!すぐにこちらも湿布。

高さにして約2m。そこからいきなり落ちてしまって、これだけの怪我で済んだのは不幸中の幸いなのだけれど、打ち所が悪かったら、と思うと血の気が引いてきます。
普段から落ちないようにロフトからは顔を出したりしないで、と注意していたけれど、やっぱりやってしまうものなのだと、激しく反省。
ロフトは物置にしているのだけれど、その狭さが子供達には格好の遊び場にもなっていたのです。

帰宅したうちのダンナさんと話し合い、当面はロフトに行くのを禁止し、落ちない工夫をしなければということになりました。

あまりのショックで数人のお友達に携帯メールしたのですが、Rさんがパパさんから適切な対処法を聞いてメールしてくれました。職業柄怪我した時の対処法を知っているパパさん、本当にありがとうございました。

夕べは痛みでなかなか眠れなかったのですが、午前中ぐっすり眠り、ずっと横になって安静にしていたので、夕方になって元気を取り戻し、座ることもできるようになってきています。
足首だけ痛みがまだ強いらしく、当分は幼稚園もお休み。
身体を強く打っているのですから、安静は必要ですね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005.01.17

ダイエットの道は、けわしい

おゆまる作品年末に伊東家の食卓のスペシャルで放送した1日10分で簡単ダイエット
おしりに直径2センチくらいのスーパーボールを10分間はさむだけ、という超簡単・お手軽なもの。

いやだぁ~(^_^;とか言いながら密かにやってみたい度が高まっていた私。娘も一緒に番組を観ていて、スーパーボールあったよね、なんて言っていた。けれど、スーパーボールはこういう時には見つからないものだ。あったのはビー玉。やってみたけれど、なんとなく違和感。

そうこうしていた年明けに、簡単にスーパーボールができるおゆまるで、うちのダンナさんと娘が作ってくれました。おゆまる自体はずっと前からうちにあったんですが、お店でメタリックを見つけて購入。そしてその日のうちにいくつものスーパーボールができちゃったわけです。

さぁ、始めましょう!
とか言っていたら、昨日ちょっと腰をぐきっと痛めてしまいました。とほほ。
ここ数年痛めている左側。うう。夕べからコルセットしています。

急激に太った上に、運動不足で腰の筋力が落ちているのが原因。
ジレンマだわ~。なんとかしなくちゃだわ~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.01.13

図書ボランティア

小学校の梅夕べから午前中にかけてひどく具合が悪く、朝娘を学校に送り出し、うちのダンナさんと息子のお弁当を作ったところでダウン。
お天気がいいし、洗濯もしたいのに、悪寒と頭痛と吐き気でどうにもならなくなったので、とりあえず布団をかぶって寝ました。10時過ぎになんとか起き出して洗濯と朝の分の食器洗いを済ませたところで少し調子を戻してきたので、小学校へ。
節分の鬼今日は図書ボランティアの日だったのでした。初日なので、みんな来ていると思い、がんばって行ってみたら6人くらいしかいなくてちょっと拍子抜けしてしまいました。それでも遅刻して行ったので申し訳なかったです。図書室が使われていると、本の修繕などができないので、PTA室で壁面制作をすることが多いのですが、今回も2月の壁面制作となりました。
豆まき、ということで鬼を作ってみました。顔が長くなっちゃいました(^_^;
また来週がんばります。
今の図書補助員の先生は非常勤で週に2回だけしかいないのですが、その任期は1年。3月にはいなくなってしまうそうです。できれば長く同じ学校で仕事をしてもらいたいと思います。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

日記帳を買う

3年連用日記去年はブログを書くようになったのもあり、手帳などに記録をすることがありませんでした。が、これが以外に不便だったので、今年は元に戻して日常の大まかな記録を付けることにしました。
その前までやっていたので今回も3年連用日記を購入。
2000年までは毎年違う手帳にしていたのですが、保管場所に困る上、その前の年はこれはどうしていたっけ?と調べたりする場合に前の手帳を探し出すのが大変だったのです。
3年くらいがちょうど良い、ということで3年連用を愛用しています。
長続きさせるコツは感想は書かない
気持ちを書き連ねようとすると億劫になるのです。
あったことを書くだけ。それなら一言でもいいわけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高幡不動尊へお参り

高圧線の鉄塔毎年成人の日には家族そろって高幡不動尊へ初詣のお参りに行きます。
車のお祓いも兼ねていて、車で行くことが多いのですが、駐車場が狭く、渋滞防止のためにたいがいとても遠い遠い遠~~~~~~いところにぐるっと誘導させられてからたどりつくようになっているので、今年は電車で行きました。
子供達がちゃんと歩いてバス停まで行ってくれたり(バス停が遠いのです)、電車でもきちんとできるようになってきているので本当に助かります。
10日はとても天気が良く、きりっと冷たい空気がいい気持ち。

高幡不動尊の五重塔成人の日ということもあって、バス停のところから晴れ着のお嬢さんの姿がちらほら。大きな神社があるので駅にはたくさん、そして高幡不動尊でも大勢の新成人の姿をみかけました。
あ~懐かしい。この新成人の生きてきたのね・・・と、思ったりして。
今年は大台です(^_^; あの頃はイロイロあったなぁ~なんて思い出しました(^_^;(^_^;(^_^;
毎年成人の日は人出が多く、護摩修行も人でぎっちり。
お護摩を焚いている間に不動明王へのお参りをするのですが、人が多すぎて順番がなかなか回ってこなくて、火が落ちてしまってからお参りできました。要領の良い両親とうちのダンナさんと娘はさっさとお参りできたようで、私と息子だけ遅くなってしまいました。
昼食時だったので、おそばを食べて、屋台で鯛焼きなどを食べて帰宅。
高幡も新撰組ゆかりの地なので、新撰組関連のグッズがあちこちで売られていました。

今年も家族みんなが元気でいられますように。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

年賀状作り

1月も半ばになり、返り年賀もそろそろ落ち着いてきたので、年賀状作りのことを覚え書きとして記録しておきます。
シマバヤシ家は毎年、年賀状には悩まされています。特に私が悩み続けています。
やめればいいんでしょうが、年に一度の力試しみたいなものなので、毎年がんばっています。
私が独身の頃から年賀状作りにはこだわりがあり、自分で描いた絵を使っています。
3年くらい前までは、かたくなにプリントゴッコを使って多色刷版画をやっていましたが、出す枚数が350枚を超え、物理的に限界を迎えました。
結婚までは版下も手描き。結婚後、版下は、うちのダンナさんにあーだこーだと言いながらパソコンで作ってもらってました。しかし、子供が生まれ、時間もとれず、何かと無理もあったこと、自分でもパソコンで処理がまがりなりにもできるようになってきたことから、全てをパソコンで作る、ということになったわけです。

ちなみに住所や写真などは、宛名側に、うちのダンナさんのデザインしたものが印刷されます。

ペン入れ後とは言ってもまだイラストレーターなんかのソフトを使いこなせない私。
一番なじみがあり、そしてこれだけは譲れない部分、というわけで、デザインの基本は手描きです。
アイディアがなかなか浮かばず、資料を何度もながめて描いては消し・・・を繰り返しておおまかなデザインを決め、下描きをして、ペン入れをします。これが第一段階で出来た絵です。

塗りつぶしていく様子今回は背景を白抜きすることにしたので、反転した絵を作ります。
ペン入れした主線(おもせん)を丹念に塗りつぶしていきます。

塗りつぶし完成主線の内側を塗りつぶしました。
これで背景は完成。

全体図この柄は京都「唐長」で作られている和紙からかみの中にある、牡丹唐草(公家好み)を参考にしています。
からかみ文様はどれも美しく、良く参考にしています。
他にも古伊万里の文様や江戸琳派、室町時代の陶芸作品などの柄を参考にしたりしています。

元絵完成背景になる絵と、その上に乗せる酉の絵を描きました。これだけで2日ほどかかりました。
描く前はとても苦しいのですが、描くのはすごく楽しい作業です。根気はいるんですけれどね。

パソコンに取り込むそれらをパソコンにスキャナーで取り込みます。
そして画像処理にかかります。線を修正したり、着色をしたりします。
これも一つの手作りのような作業になるので、結構大変です。

段階をふんで完成させます多色刷りの版画と同じように、出来上がるまでは段階をふんで、なんども試し印刷を重ねます。
背景の処理がうまくいっているか、文字の配置や画像の大きさなどはパソコン上ではなく、印刷して確かめます。
パソコン上でやってもいいとは思いますが、印刷してみると風合いなどが違って見えるのです。
プリントゴッコでは、製版したら色の修正は容易ではないのですが、パソコンでは何度も変更が可能な上に容易にできるのが良いところです。
手作りの部分を残していきたい思いもあり、CGに熟練した人から見たらおかしいと思う部分、未熟だと思う部分もあると思いますが、私はこのやり方でやっています。

完成作品 クリックすると拡大図がポップアップします今回は10稿重ねて完成です。
完成品はこんな感じです。

← クリックしてみてください

私は人によってデザインを変える、という器用なことはできないのですが、弟のお嫁さんはすごい人です!
彼女もまたブログに年賀状のことを書いています。
すごいので、是非一度読んでみてください。

年賀状のはなし。(junk words ?!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.09

公園遊び

春の準備三連休の中日。天気もいいし、久々に家族4人で自転車で近所の公園へ。
娘がまだ小さい時に買ってもらったカイトを持っておでかけ。
午前中のうちに行きましたがポカポカと暖かく、寒中ですが春の準備がすすんでいるような。
のどかでいい感じです。

池の氷無風だったので(^_^;、凧あがらず・・・。
ちょっとあきらめて池へ。
この公園へは子供達はいつもおじいちゃんと来ていて、このところはこの池が凍っていることは三人からよく聞いていたのですが、こんなにガッチガチに凍っているとは!!!
特に中心部分はスケートができそうなほどでした。
さすがに淵のほうは棒でつつくとパリンと割れてしまうのですが、かなり厚みのある氷ができていました。

フライングリング凧があがらないので、売店でフライングリングを購入。ケンカしないように二つ。
これが楽しい楽しい!!
息子はまだ上手く飛ばせませんが、それなりに飛ばしたりころがしたり!
買ってよかったです。

そうこうしているうちに風が出てきたので、凧揚げ再開!

凧揚げがんばれ! ← クリックすると大きくなりますよ!すごく楽しそうだったので一枚パチリ。

揚がったね~♪風に乗って、カイトは高く揚がりました。巻き糸が足りないくらい高く高く・・・。
ふと気が付くと、カイトがいくつか揚がっていましたが、揚げているのはお父さん達。
やっぱり小さな子にはまだ無理なんでしょうね。
みんな少年の顔をしていました(^_^)!

親子で楽しむ凧揚げ息子がパパに肩車をしてもらって、カイトを揚げました。すごく嬉しそう。
その間、私と娘はフライングリング。
木登りもしたし、広い公園で思いっきり遊びました。

はさまれて・・・この公園には、ちょっと不思議な彫刻がポツリと置かれています。
最近この作者が朝倉響子(1925~)だということが分かりました。
市役所前にも同じ朝倉響子作のブロンズ像があります。
(朝倉響子さんは彫刻家・朝倉文夫の次女。姉は舞台美術・画家の朝倉摂。)

ぞうきんぞうこの公園には美術館も併設されていて、今は市民美術展のようなものが開催されています。
入り口付近にあった「ぞうきんぞう」。

市民から集められた雑巾一枚一枚を縫い合わせてできています。
こりゃすごい。かわいい(^_^)

「接近展」という前衛・抽象芸術が多く出品されている展覧会も覗いてみました。
そこに知っている方の作品がありました。びっくり。
2年に一度銀座の画廊で個展を開かれる方なのですが、去年行きそびれて残念な思いをしました。
偶然に作品に出会えて感激です。

お昼過ぎまで遊んだだけですが、右腕だけ痛くなりました(苦笑)。
たまには元気に公園遊びをしないといけないなぁ~なんて。

子供達は本当に嬉しそうだったし、良いお休みとなりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.01.07

ニックネームが欲しい

うちの娘の名前は二文字です。音も二文字。
娘は他の子が名前を省略系で呼ばれたり、ニックネームで呼ばれたりすることが、とてもうらやましいらしい。

「ちーちゃん」「ゆーちゃん」「ひーちゃん」など、名前の最初の一文字をとって伸ばすタイプ。
「はる」「ゆり」「しお」など三文字の名前の二文字を取るタイプ。こちらは「ちゃん」が付いている場合とそうでない場合があります。

で、娘ですが、二文字なので後者のタイプはできません。
前者の一文字とって伸ばすのにしたら?と思い、「なーちゃん」と呼んでみました。

 ・・・・・・反応なし

ニックネームとなると、うちの苗字はシマバヤシなので、「しまちゃん」とか???

 ・・・・・・そんなのイヤだぁ

だめじゃん。
結局ニックネームを考えてもらうのはやめたようです(^_^;

帰宅した夫に(夫の友達は3人組の仲良しなのですが、いつも互いに苗字呼び捨てをしているので)、小さい頃、親友をなんて呼んでた?と聞いてみました。

 ・・・・・・お前

えええ?(^_^;
ニックネームは奥が深いものですね。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2005.01.06

晩御飯を思い出す

しばらく更新できなかった大福家事雑事
デジカメで撮った画像がある日だけは、どんなおかずを作ったかはわかるので、ついつい忙しさにかまけていたら11月からたまってしまいました。
これではいけないと思い、11月分12月前半分まで更新しました。

12月後半分と今月分は、また別の日に。
しかしまとめて見てみると、進歩していないことが丸わかりです。
お恥ずかしい。
ワンパターンだし、手抜きだし。
作り方は簡単なものばかりだし。(^_^;(^_^;(^_^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.01.05

ついでなのでチェブラーシカ

忘れないうちにチェブラーシカのことをもう少し追記します。
チェブラーシカの携帯ストラップチェブグッズは公式サイトで販売しています。すごくすご~く可愛いので、欲しい!と思うとそういうのは大概売り切れてます(^_^;
たまたま昨夏ヴィレッジヴァンガードでチェブの携帯ストラップを見つけたので、買ってしまいました。
お話の中に出てくるカエルと一緒のチェブラーシカ。

拡大拡大してみたらこんな感じです。前のデジカメで撮影したものなのでボケてますが(^_^;

チェブラーシカ・アイロンビーズ版子供達も大好きなチェブラーシカ。
そんな私達にうちのダンナさんがチェブをアイロンビーズで作ってくれました。既存のキャラクターはあまり作らないのですが、これは嬉しかったです!
とっても可愛い出来だしね。

チェブとカエルとオレンジ更にカエルとこれまたチェブに欠かせないアイテム「オレンジ」も作ってもらいました。
娘がチェブをベッドに寝かせてディスプレイ。

アイロンビーズで作ったオレンジアイロンビーズでオレンジを作るのは娘にもできるようになったみたいです。
これはうちのダンナさん作ですが、娘も作ってみていました。

日本語吹替え版では、チェブラーシカの声はピカチュウの声で有名な大谷育江さんがあてています。
イメージにぴったりで素敵。
そして哀愁ただようロシアの歌が本当に静かに心に染み入ります。
子供達と「空色の列車」という歌を良く歌っています。

いつの時代の子だ?>うちの子供達(^_^;

| | コメント (11) | トラックバック (4)

2005.01.04

ミトン再び

ミトンところで、ミトンですが、DVD買っちゃいました。
ミトンは、チェブラーシカというロシアのパペットアニメと同じロマン・カチャーノフ監督の短編作品。表題作のほかに「ママ」「レター」という短編も収録されています。

チェブラーシカチェブラーシカもミトンも動物がとても可愛らしく、ほのぼのとしていてどこか哀愁ただようお話。
ソ連時代の作品ということで、時代を反映した内容にもなっています。
子供達はミトンの可愛らしさとハッピーエンドなストーリーにほっとして楽しんでいます。

ミトンの公式サイト
http://www.mitten.jp/
チェブラーシカの公式サイト
http://www.cheb.tv/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お年玉

お正月の子供達のお楽しみと言えばお年玉
元日に来たのは妹の子供達。中2から保育園年長児までの4人。
家に入ってくるなり、期待でいっぱいの笑顔(苦笑)。

可愛らしく「ありがとう」と口々に言っているだけ素直でいいのかもね。

自分の子供達や2日に来た弟夫婦の初めての生後3ヶ月の可愛いお嬢ちゃん、親戚の小学生や知り合いのお子さんなどにも用意。

そして自分の子供達にはとても小額にしてしまいました。もらってもすぐに私に持ってきてくれるんですもの(^_^;
その分、他に現物支給をしました。
娘へのお年玉娘にはまたまたミトンの編みぐるみ。今回はお話の中に出てくる重要な犬ライカ犬も一緒です。

息子へのお年玉息子にはポケモンのジグソーパズル。70ピース。
お友達のRくんが柄は違うけれど同じのを2つも持っていて、興味を持ったため。

やっと始めたばかりでまだまだ要領の悪い息子。
どうやらRくんは100ピースに挑戦し始めたとのこと。がんばれ、息子~!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.01.02

アイロンビーズ初め(^_^;

赤ちゃん・娘@7歳作1月2日にアイロンビーズ初めをしました。普通は書き初めですが、娘はまだ小学1年生なので、書き初めは硬筆。
2日には弟夫婦が去年生まれた赤ちゃんゆっタンを連れて来てくれるので、息子@4歳が「ゆっタンを作る!」と言いはじめて、そのままアイロンビーズ初めとなったわけでした。
→こちらのは去年赤ちゃんが生まれたときに娘@7歳が作ったもの。

赤ちゃん・うちのダンナさん作息子はどうやら立体で赤ちゃんを作りたかったらしいのですが、上手くいかず、パパの助けを借りることに。
なんだかんだ言って結局はうちのダンナさんが全部作りました。

裏から見た図結構キュート♪

鍵・息子作 雪だるま・娘作今年初めて息子が作ったのは鍵。そして娘は雪だるま、更に・・・

みかん坊やとアヒル・娘作みかん坊やとアヒル。そして、

パンダ・娘作クマの型の上半分を使ってパンダを作っていました。これはなかなか可愛いかったです♪

私?ええ、そばでテーブルから落っこちるアイロンビーズを拾ったり、お茶いれたり、おやつ用意したりしていましたよ。いつもの風景です。(^_^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.01

2005年の始まり

snow050101←クリックすると大きくなります。富士山が見えるかな?

新年の幕開けです。
今年もよろしくお願いします。

東京に久しぶりに積もった雪。
屋根屋根が真っ白で、空が真っ青の元旦。素敵でした。
遠くに真っ白な富士山が見えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初詣

雪で真っ白の公園お節料理をいただいてからは近所の神社へ初詣に行きます。この神社は娘の小学校のそばにあり、徒歩20分くらいのところ。
今回は家の前を雪かきしてもらうことにしたので、うちのダンナさんはお留守番。母も雪道は危ないのでお留守番。
父と私と娘と息子で行きました。
通り道の団地の公園は真っ白。小学校高学年らしき男の子が二人だけ遊んでいました。

狭い路地も雪が雪道は思ったとおり日陰は凍っていて、とても滑りやすく、日の当たっているところは融けて水浸し。いつもよりもずっと時間がかかりました。
ここでいつもならすぐにだっこ~とせがんでいた息子@4歳が滑らないように私としっかり手をつないで「男の子だからがんばるよ」と一度も音を上げなかったこと。
去年の6月にはずっと抱っこで学校の運動会に行ったのに、成長したものです。あと1年少しで小学校に上がりますが、希望の光が見えました。

神社の境内元日にしては神社は比較的空いていました。普段はひっそりとしているから、それでも人が大勢いるわけですが、お参りするのにずらっと並ぶ、というほどでもなかったので、お参りはすぐに済んでしまいました。
娘は父と、息子は私とお賽銭を投げ鈴を鳴らし、二礼二拍手一礼してお参りをしました。
息子が小さな手を合わせてお参りする様はとてもかわいく、今年一年の平和と健康を祈りました。

獅子舞が地域を回っている毎年元日にはこの地域の保存会が行っている「お囃子」と「獅子舞」が地区を回ります。神社の行き帰りに見かけました。
最近は子供達がお囃子や獅子舞をやっています。
季節のお祭りに必ず笛や太鼓のお囃子が聞こえてくるこの地域。
とても熱心に練習しているそうです。

我が家にも獅子舞が!そしてこの獅子舞は我が家のような市の端っこにもちゃんと来てくれます。
獅子舞に頭をかまれると、今年一年丈夫でいられる(他に頭が良くなるという説もあり)、ということで、年始に来ていた妹の子供達も我先にと頭を差し出しました。
ご祝儀をお出しすると、中学生らしい女の子がお獅子から顔を出し、にっこりとお獅子の口へするするとご祝儀袋を入れました。とても素敵なさばき方でした。
昔は獅子舞が来るとご祝儀を取られるのが嫌だと思うご家庭も多かったようで、お隣の市の大きな神社の周辺には、未だに「押し売り・獅子舞お断り」という古いプレートが貼り付けられているお宅も見られます。たしかに高いご祝儀を要求する悪い輩もいたのでしょう。また年始だけでなく、なんでもない時に突然押しかける不届き者もいたようです。こういうのはやくざ者がやっていたことで、今保存会の方々がやっていらっしゃることとは全然違うものです。
少ないけれど、喜んでご祝儀を差し出せる、平和で穏やかな日常がそこにはあるのでした。

これで元日は暮れていきました。
お年始のご挨拶に来てくれた妹夫婦は半日両親と麻雀を楽しんだようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お節料理

鏡餅と御屠蘇元日です。親世帯と同居なので、両親と共にきちんとした正月の行事のある我が家。
とは言っても年々ルーズになったり、省略したり、いろいろなことが簡素になっていますが。
おせち料理も前日までにお重に詰める、ということはしなくなり、元日の午前中にのんびりと詰めるようになりました。
私も母も起きるのが遅いからです(苦笑)。
一足早く起きていたのは父と子供達。
母がお雑煮を作っている間にお重に詰めるお手伝い。
父はお屠蘇を子供達から順番にあげます。お屠蘇は目上が目下から順番にあげるものなのだそうですね。
お雑煮ができ、お節料理をお重に詰めてようやく遅い朝食兼昼食となりました。

我が家のお節料理本当に年々料理が少なくなりますが、定番はおさえています。
昆布巻きは父のお手製。栗きんとんは私の手作り。
そして他の煮しめ・鶏肉の甘煮・焼き豚・焼き海老などは母が。紅白かまぼこや伊達巻は出来合い。ごまめはワカサギの甘露煮にしてもらいました。

このあと夜にはちらし寿司も作りました。

年賀状も届き、一年の始まりは穏やかでした。

※お節料理は大福家事雑事に詳細をアップしました。 → 我が家のおせち料理

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »