« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005.03.30

春先は体調不良気味

菜の花今年は特に多忙な日々が続いたせいか、いったん体調を崩したら長引いてなかなか元に戻りません。
今朝はひどい頭痛で眼が覚め、うちのダンナさんのお弁当作りもできず、申し訳なかったです。
実はひどい頭痛は奥歯の痛みからきていて、2年ぶりに歯医者に予約を入れ、夕方までひたすら横になって耐えていました。昼食すら、父に「ごめんなさい」をしてさぼらせていただいたほど。

横になっている間に鎮痛剤が効いて痛みが引いていましたが、とにかく歯科医院へ。

痛い場所はとうの昔に虫歯治療済みで神経がないはずの箇所で、考えられるのは歯肉炎。
レントゲンをとり、チェックしてもらうとやはり歯肉炎で、炎症がひどくなっていました。

このままにしておくと歯槽膿漏に移行してしまうというわけですね。
右側半分だけ歯石を取ってもらい、薬を塗ってもらって今回はおしまい。

腫れはかなりひどくて、なんとなくまだ痛みは続いています。

歯間ブラシやフロスで歯茎マッサージをすると出血するんですが、これはうっ血した悪い血が出るので、刺激をして歯茎を引き締めるためには必要なことなのだとか。
2、3日もすると出血は止まるので、きちんとブラッシング&マッサージすること、とのことでした。

左半分の歯石取りは来週。

半年に一度は歯石取りに行きたいんだけどねぇ。
歯石を取ってもらうと本当に気持ちいいんですよ。取ってもらう間は痛いんですけどね。


花粉症のうちのダンナさんは先週風邪で寝込んで以来、微熱がずっと続いていて、食欲もないと帰宅してお風呂に入ってすぐ床についてしまいました。大丈夫かな。明日は耳鼻科に行って貰おう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

チェブラーシカのピクチャーブック

chebbookチェブラーシカピクチャー・フレンズ
前から欲しかったチェブラーシカのピクチャーブックを買いました。
一時品切れだったんですが、手に入るようになりました。私が買ったのは第9刷。
値段は税込み1050円。
キリル文字やロシア語会話講座がおまけに付いてます。
映画のパンフレットのようなかわいらしい本。
大事に大事にしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.29

うちのダンナさん空気砲を作る

ミニ空気砲とマト幼稚園のお楽しみ会のゲーム用にペットボトルで作る空気砲を作ったのですが、時間的に間に合わなくて、うちのダンナさんに制作を依頼。なかなかカラフルで素敵なものができました。
私が作るよりもずーっと丁寧だし、頼んでよかった~♪なんて思っていたら、当日は時間が押せ押せになってこのゲームできずじまい・・・(^_^; うちのダンナさん、ごめんね。
でも4月か5月にもう一度クラスで集まる機会があるので、ゲームできそう。

うちのダンナさんはその後いろいろなサイズのペットボトル空気砲を作ってみていて、大きなものも・・・と言ってたんですが、先週末ついに大きなボックス型空気砲を作っちゃいました(^_^;

詳しくはうちのダンナさんのブログの記事をご覧ください。小ネタもあり(笑)。

GO! → 空気砲

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大福家事雑事更新

多忙だったので、毎日のおかず記録をなかなかアップできませんでしたが、3月24日までの分を一気にアップしました。こうしてみるとなんとワンパターンなことか・・・・・・(^_^;
あと忙しすぎて手抜きの日々です。
焼くだけ、とかね。
写真を撮るのも面倒になってしまって抜けも多いんですが、すごく上手にできた~!という日のを撮っていなかったりもあるんです。ま、しょうがないですね。

GO! → 大福家事雑事

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.28

雨の日

終日雨。こーゆー日のお洗濯は乾燥機が大活躍。
乾燥機不可のものだけ室内干しで、あとはじゃかじゃか乾燥機で。
うちのは今の家に入居する時に希望して入れてもらったガス乾燥機。
一人暮らしの時、共同コイン乾燥機があって、それがガスだったんだけど、電気のに比べたら早いしふんわり!
それ以来買うならガス乾燥機!って思っていたので。

ところがこのガス乾燥機、使いすぎなのか2年に一度壊れます(^_^;

前の修理から2年。
このところ「ん~」というような運転っぷりだったので、思い切ってガス店に電話して来てもらいました。
結果、やっぱり同じ部品がへたってしまっていました。

とても小さなヘロヘロな部品交換。出張費込みで7000円也。

あと数年で寿命がくるかもしれないし、そろそろ新調するための貯金、始めようかなぁ。
ちなみにお値段は購入当時は15万円ほどでしたが、現在は10万円で今より1kg多い容量(今は4kg)のものが購入できるのだとか。

ま、もうちょっとがんばってもらいましょう。
他の家電が軒並みダメになってしまうこともなきにしもあらず、だしね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.03.22

鹿の鳴き声は・・・

バンビおしゃれキャットずっと前に予約していたDVD「バンビ」が届きました。廉価版になっていたので「おしゃれキャット」もついでに購入。
子供の頃、バンビはテレビでやっていたのを、一度だけ観たような気がします。今のようにレンタルビデオもない時代。
私がバンビを覚えていられたのは映像ではなく、本の世界。
ディズニーのアニメ絵本のようなものを何度も何度もながめていたのだったと思います。

今の子供は1942年に作られたこの古いアニメーションを簡単に観ることができるのだから、うらやましいような、もったいないような。
物語は単純にできているけれども、自然の生と死と再生と循環が描かれています。
水や炎の美しさ、光の使い方などは今の商業アニメーションには真似したくともできない、人間の手作業と膨大な時間を感じます。

息子はバンビを女の子だと思っていたようですが、「王子様の誕生」で男の子と認識した様子。

おしゃれキャットは昨今、猫のマリーちゃんのキャラクターが商品化されているので認知度は高いようですが、マリーちゃんは主要キャラなんでしょうか?ぼーっとした頭でうとうとしながら観たので印象に残りませんでした。
別の機会にじっくり鑑賞します。

今日、寝しなにうちのダンナさんが「鹿ってなんて鳴くんだっけ?」と子供達に質問していました。
すると、

娘@7歳発熱中「ママー、ママー!だよ」
息子@今週5歳「バー、バー

・・・・・・劇中、炎の中、母を探しながら叫んでいたっけね。「ママー!」って。
・・・・・・ああ、バンビだから「バー」なわけね(^_^;(^_^;(^_^;

二人とも不正解です。

でも本当はどう鳴くのか。
財団法人奈良の鹿愛護会のサイトで奈良公園の鹿の声が聞けるので、そちらへどうぞ。

奈良のシカの生態
http://www.naradeer.com/prof-ecology.htm

下のほうにスクロールしていくと声が聞けます。

※バンビとおしゃれキャットの画像、アマゾンのアソシエイトプログラムの自動リンクにしてみたんですけど、絵的に美しくないので差し替えました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.03.20

ランドセルな話題

先週木曜日夜から具合が悪くなって、今日の午後からやっと床上げ。
まだ頭はぼーっとしています。
土曜日にあった会合一つと夜の幼稚園の「勉強会(要は呑み会)」はキャンセル。各方面に多大なご迷惑をおかけしてしまいました。

気が付くと3月も終盤。去年の今頃は娘@7歳の入学と、息子@今週には5歳の入園でバタバタしていました。
今年はそういうのがなくて、それぞれの進級だけですが、新しい名前付けの準備や文房具の補充など、やることはいくつか残っています。

準備といえば、必ずこの季節に話題になるのがランドセル。
「ランドセルの色は他のお子さんと同じじゃないといじめられない?」とか、牛革かコードバンかクラリーノか?という材質の問題とか、価格とか付属品とか。

1年経った今、ランドセルに関する個人的な意見。

1.色
男の子は「黒」、女の子は「赤」が多いけれど、ランドセルの色で何か言われる子はいない。
うちの娘はローズピンクです。でも1年生のうちは黄色いカバーをかけるので、色はわからない!別の学年だと赤・ピンク・ローズ・茶・黒・ネイビー・グリーン・水色・・・ホントにいろいろです。

2.材質
牛革・コードバン(馬革)・人工皮革(クラリーノやカネボウベルビオなど)があります。
軽いのは人工皮革。
あとはお財布と相談かも。うちのはカネボウベルビオという人工皮革。傷がつきにくいようです。今はまだ1年生専用の黄色いカバーをかけているので、きれいかなぁ。

3.付属品
レッスンバッグやミニランドセルなどいろいろついてきますよね。
うちではミニランドセルがついてきましたが、子供のおもちゃになっています。
レッスンバッグは使っていないけれど、これから使用予定、専用カバーは使っていません。とほほ。
付属品に引かれて買うよりは、子供が実際に背負いやすいものにしたほうがいいかも。

ハネッセル先日テレビでちょっと見かけたハネッセルは従来のランドセルとは違ったもので、ものすごく惹かれました。
あんまり重そうじゃないし、当たっても従来品より痛くなさそうだし、見た目もかわいいし。

ハーネス+本体の組み合わせで、価格もトラディショナルなタイプが3万円ほど。身体が成長したらハーネス(1万円ほど)を替えればいいし、本体をリュックのようなものにも替えられる。
うーん、便利。

これは娘@7歳が上級生になったときに、脱ランドセルになっていくであろうから、購入を検討しようかなぁ。

使命を終えたランドセルはジョイセフがやっているキャンペーン(今年は2005年3月31日まで)、アフガニスタンの子供達にランドセルを贈ろう(協力・クラレ)を利用するのも手。

まだ1年しか経っていない大事なランドセルなので、処分のことまで考えたくはないけれど、いつか娘の楽しいことも悲しいこともみんな背負ってくれるんだろうなぁ、としみじみ思ったりして。

・・・そーいえば、私のランドセルはどこに行ってしまったのかしら。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005.03.16

体験乗馬会

うちの子供達が好きで時々見に行っている東京農工大学の馬に乗れるチャンスは、年に一度の農工大の学園祭くらいだったのですが、今後は月に1回程度体験乗馬会があるようです。

2005年3月21日(月・春分の日) 10:00~16:00
於・東京農工大学 馬場

一人1周500円で体験乗馬ができます。

以前子供達も体験しましたが、とても楽しかったようです。

東京農工大馬術部
http://www2u.biglobe.ne.jp/~t-k/HP/home.html

体験乗馬会についてはサイト内の「インフォメーション」を参照してください。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

はっきり言うよ!

確定申告がやっと終わりました。毎年毎年何やってんだか・・・。

昨日の娘@7歳と息子@来週には5歳の楽しいお話を書き留めておきまする。

風邪を引いていてちょっと機嫌の悪かった息子。
朝、うちのダンナさんに起こされて、不機嫌さ爆発。泣きながらトイレに入り、私に訴えます。

息子「はっきり言うよ!いい?
私「な~に?」
息子「パパがね!従わないの!
私「ほほ~う?」

自分の望むように動いてくれないいらだちなのでしょうか。

午後、娘が学校から帰宅しての会話中に、息子の朝の話をして「ママ、腹の皮がよじれるほど面白くって笑っちゃったんだぁ~」と言うと、

娘「じゃあ、私は腹の皮がめくれるほど笑っちゃうね

・・・腹の皮がめくれたら痛いです。ぜったいに。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.03.03

お雛様がいっぱい

桃の節句には雛人形ですが、住宅事情によりこのところ出すのもままなりません。
去年からは、うちのダンナさんがアイロンビーズで雛人形を作ってくれたので、そちらを飾っています(^_^)♪

おばあちゃんの手作り雛世の中にはすごい人がいます。弟のお嫁さんのおばあちゃま。
弟夫婦に初節句のお祝いに、と今年木目込みの雛人形を作ってくださったのです。
私も家族でお祝いに行った時に拝見しましたが、本当に美しい仕上がり、センスの良い生地の色合いに惚れ惚れしました。おばあちゃまは、なんとこの他にも羽子板や「つまみ」という手法の雛人形を作ってくださっていたのです。
(お嫁さんのブログの記事参照。お嫁さんは謙遜しているんだけど、彼女もまた素敵なセンスの持ち主。)

娘@7歳作 学校での作品さて、学校や幼稚園でも雛人形は定番の工作の題材。
娘も学校の図工の授業で千代紙を使って作ったもの。

そういえば、私も幼稚園の時にヤクルトのジョアの容器を使って雛人形を作りました。
写真が残っているからか、とても強い印象があって覚えています。

娘@7歳作 紙粘土で作ったものそれから家では、紙粘土を使って雛人形を作りました。
お雛様の位置が左右逆なのはご愛嬌。京都風?ということでご勘弁を。
目をつぶっている姿や眉が丸くて平安朝な感じなのが、なかなか(^_^)。

息子@4歳作息子も幼稚園で作ってきました。
かわいいお雛様の顔が描けていてびっくり!なかなか上手にできています。
一生懸命折ったり、のりで貼ったりしている跡もあってほほえましいです。

うちのダンナさん作 アイロンビーズのお雛様さて、最後にうちのダンナさんの作ってくれたアイロンビーズの雛人形です。
クリックすると少し大きい画像も見られますよ。

来年もまたこれを飾ったり、娘と息子の更に成長した作品が見られるのかなぁと思うと楽しみです(^_^)。

追記
この記事を読んで、あれ?大福さんは作ってないのね?というつっこみはしないでね!(^_^;(^_^;(^_^;
私は立体・工作苦手なんですの。おほほほほ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005.03.01

年賀状デザインコンペ結果発表

2005newyear1月24日の記事にて、ご協力をお願いした、JDN主催の年賀状デザインコンペ2005の結果発表が行われました。

残念ながら、私の作品は入賞しませんでした。
皆さんに投票していただきました「読者賞」も最終段階では5位でした。
それでも多くの投票数の中での5位。
投票してくださった皆さんに心から感謝申し上げます。
ありがとうございました。

入賞した作品を見ると、アイディアに秀でたものが多いように思いました。
立体的であったり、工作するようにできていたり、というものが目を引きました。
インパクトのある作品を、と審査評にもあるので、やはりそういったもののほうがコンペでは有利になるのかもしれません。私はそういうのは不得手なのですが、これからも年賀状デザインは楽しんでいきたいと思っています。

ご声援・ご支援ありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »