« ホワイトデー | トップページ | アイロンビーズの本が出ました »

2006.03.27

うちのダンナさんの一大事

もう10日近くなりますが、うちのダンナさんが危ない目に遭いました。
目の前で起こった出来事で、何もできなくてすごくショックが大きかったです。

幸いなことに大きな怪我にはならなかったし、ブログに記事として書き込みもできているくらいなので、本当に安心しました。

家庭内の事故で死亡することは、決して少なくないので、気をつけたいと思います。

詳しくは、うちのダンナさんのブログの記事「死ぬかと思った」を読んでみてくださーい。

|

« ホワイトデー | トップページ | アイロンビーズの本が出ました »

コメント

読みましたよ!こんなことってあるんですね!?
ほんと大変でしたね。
ご主人大事に至らず、良かったです。
うちの長女がこの飴、大好きなもので今後は気をつけますね。

は~びっくりした。

投稿: KUMA | 2006.03.30 20:49

思わずご主人のほうにコメントいれちゃいました。
図解がとってもリアルでした。。。

なにもできなくて・・・ということは、ご主人、自力で取ったのかなぁ。
これじゃ、オフ会なんて考える余裕なしですよねぇ(驚)。
トローチは、こういうときのために穴が開いているそうです。
チュッパチャプスに空洞があったらよかったかも?
のど痛続いてますか?おだいじに。。。

投稿: ともぴー | 2006.04.03 17:05

お二人にコメントいただきながら多忙でレスできてなくてすみませんでした。
あれからずいぶん経ちますが、元気に過ごしています。よかったです。

そうそう、ともぴーさん、うちのダンナさんは自分で指を喉に突っ込んで取りました。
仮に呑みこんでしまったとしてもプラスチックの棒なので、手術になったかもしれません。

投稿: まみ | 2006.05.04 18:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9670/9287811

この記事へのトラックバック一覧です: うちのダンナさんの一大事:

« ホワイトデー | トップページ | アイロンビーズの本が出ました »