« 大吟醸「めぞん一刻」発売 | トップページ | 梅雨明けが待ち遠しい »

2006.06.27

ずっと間違えてた

久しぶりですが、カミングアウト。
ずっとずっと間違えていた字があります。

「掘る」という字。

ずっと「堀江」の「堀る」だと思っていました。

「てへん」だったのですね!!!!
「つちへん」じゃなかった。

ちょっと前も「成績」の「績」(いとへん)を「積」(のぎへん)のような気がしていて、実際に書く時は「績」で書いてたんですが、考え違いをしていた、というのがありました。

ああ、もう恥ずかしい。

|

« 大吟醸「めぞん一刻」発売 | トップページ | 梅雨明けが待ち遠しい »

コメント

久しぶりに見たら更新されてた。教えてくれればいいのに。

では「堀」はどのようなときに使うのでしょうか?

投稿: nsima | 2006.07.05 16:48

ふむ。土を「ほる」行為を表現する字が「掘」で、その行為によって土がよけられてできた穴、もしくは溝が「堀」。特に城の周囲に設けられた「堀」を「壕」と記述し、さらに水を張ったものを「濠」と記述するらしい。

投稿: nsima | 2006.07.05 17:02

私は・・・
きくらげを海のくらげの一種で、海で泳いでいるもの、と思っていました。
中学生になって判明。。。
そんなこともありますわな。
勘違い。
みーんなありますよ。大丈夫っ!!

投稿: ともぴー | 2006.07.09 20:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9670/10700518

この記事へのトラックバック一覧です: ずっと間違えてた:

« 大吟醸「めぞん一刻」発売 | トップページ | 梅雨明けが待ち遠しい »