« やごおたま救出大作戦 | トップページ | 今年の夏の帽子 »

2006.08.30

やごおたま救出大作戦2

プールから生き物を救出する、というのは、全国の小中学校でも多く行われていて、学校の授業の一環、理科の学習教材、クラブ活動やPTAの活動であったりと様態はいろいろです。
子供達の通うこの小学校は、救出から更に近くの川に放流に行く、というところまでが一つの「作戦」となっていて、プールの救出よりも川へ行くことのほうが楽しいと思います。

川のサイドにある湧水の道川は学校から坂をずっとくだって行くため、参加者は1/3くらいになります。
今年は川よりも、そのサイドにある湧水へ放流しました。

湧水の道に集まる人々日頃は見逃しがちなこの湧水も静かで落ち着いた場所であることに気がつきます。
子供達はよくここで遊んでいるようですが、大人はなかなかここに居ることは無いので懐かしい気持ちでいっぱいになりました。

息子、放流中息子もバケツに入れてきたおたまじゃくしを放流しました。
水はとてもきれいです。ザリガニやサワガニ、めだかやカワエビもいます。
本流の川にも本当にとても多くの生き物が棲んでいます。
何時間もジッと見つめていたい気持ちにさせられる、不思議な魅力のある場所です。

ザリガニを捕まえた!カナヘビを捕まえた!

湧水ではザリガニやカナヘビを捕まえた!という男の子達が。
放流に来て、捕まえちゃうというところが可愛いです。

他にも見つけた初夏の自然。
アワフキチャドクガ?

アジサイ

そして最後に皆が騒然となった瞬間がありました。
アオダイショウがいたのです!

アオダイショウだぁ~S先生がアオダイショウを捕まえてくれたので、みんなが周りに群がります。
嬉しくてしょうがない子供達。
先生が首に巻いてくれたり、触らせてくれたり、ひとしきり観察したあと、湧水に放してやりました。

すると、
さよならアオダイショウ
とても素早くアオダイショウは石の割れ目にするりともぐり込んでいきました。

お昼少し前に終了した大作戦。
また来年も行こうと思いました。

|

« やごおたま救出大作戦 | トップページ | 今年の夏の帽子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9670/11691699

この記事へのトラックバック一覧です: やごおたま救出大作戦2:

« やごおたま救出大作戦 | トップページ | 今年の夏の帽子 »