« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006.10.07

もの作りビッグギャラリー参加記2006・5

今回はこれまでのうちで、チームとしてはブース代も出るほどのお買い上げをいただきました。
ただ制作費や準備日を含む諸経費を考えれば採算に合っているわけではありませんでしたが、それでも見かけ上はまずまずといったところ。

売り上げよりもたぶん2日間でずいぶんと色々買ってしまったことも事実です(^_^;

今回のイベントパンフをもらってすぐに注目していたのが「MyFab」。自宅のインクジェットプリンターで布に印刷ができちゃう!という専用布。
去年までは業務用で注文精算だったと記憶していたのですが、それが今回は個人ベースで印刷ができる!ということでA4サイズの布が1枚1050円~で、出たのです。

Cさん・Hさんは実際に布プリントしてみる体験をなさっていました。
自分のアクセサリーを持っていき、スキャンしてもらって印刷してもらうのです。
出来上がりはすごい!
私は開場早々にそのショップに行き、布を買ってきてました。何を作ろう?どんな柄を作ろう?とワクワクしちゃいます。
Mono06_25
↑これがCさんの作品。アクセサリーが布の上に置いてあるように見えますが、プリントされています。葉っぱも本物をちぎって置いたそうです。
すごいでしょ。

竹とんぼそれ以外は、2日目に来た、うちのダンナさんと子供達が色々買いました。
うちのダンナさんは竹でできたとんぼ・アフリカの楽器カリンバ・真っ赤な悪魔を買っていました。

カリンバ赤い悪魔

子供達は「もったいないキャンペーン」が出展していたブースで、CDケースに好きな絵を描くというのと、素焼きの小さな植木鉢に色を塗る、というのを体験しました。
体験料が驚くほど安いのは、リサイクル素材を使っているからのようです。
描く・塗る、という作業はとても楽しかったようです。

羊毛フェルトの動物達

娘は今回出展ブースが多く目立っていた羊毛フェルトの動物達をいくつか買いました。
息子はペーパークラフトで飛び出す地球とロボットを2枚。まだ作っていませんが、作るのが楽しみです。

私は私達のブースの裏側で出展していたガラス工房のショップで可愛い置物を買いました。
カエルがモチーフのものがいっぱいあったのですが、ごちゃごちゃした私の机の上ではかわいそうなので(^_^;、全然違うものにしました。
その工房の腕時計がすごくおしゃれで、いいなぁと思ったのですが、普段腕時計していないし、服に合ってないしで断念。

良い買い物を沢山して、本末転倒かもしれませんが満足でした。

来年は9月9日(日)・10日(月)の平日を含む二日間です。
次回も出展する予定でいます。
お時間のある方は是非起こしください。お待ちしています(*^_^*)

参加記2006・1 |  |  |  | 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.06

もの作りビッグギャラリー参加記2006・4

チームseed-timeイベントは2日間で終了しました。
あっという間の日程で、今回は3回目ということもあって、なんだか疲れもあまりなく余裕さえありました。
初めてイベントを楽しんだ気持ちになったというのが正直な感想です。

ネットでこのイベントの感想を書いている人が幾人かいたので読んでみたのですが、デザイナーでもクリエイターでもない、趣味が嵩じて手作り作品を売っている素人が多いという感想が散見されました。
たしかに私のように普段これで生計を立てているわけではない人は、そうなのですが、出展者の多くは素人でなく、立派なクリエイターさんだったと思います。
これで食べていっている人も多く、みんな信念を持ってもの作りに取り組んでいる印象を持ちました。

壁のあるブースはいわゆる業者さんや教室を開いているところが中心になっていましたが、私達が今回参加した「手作り市場あ~てぃすと」のブース群は、いろいろなもの作り・手作りの見本市のようで、アイディアの宝庫でもあり、いろいろな刺激を受ける場となったと思います。

1・2回目は「売れる」ことを考えて反省もあったのですが、3回目にして自分らしさはどうしたら表現できるのか、ということを考えることもできました。
まだまだ未熟で、「わぁ~これ素敵ね」と足を止めていただけるほどではないので、もっと魅力あるもの作りは必要だと思ってはいます。

一緒にチームを組んでくださったCさん・Hさん、そしてプロフィールとDMをデザイン・制作してくださったCさんのダンナ様に、うちのダンナさん、みんなで一つのチーム・seed-timeなんだなぁ~~~と思いました。

それからこのイベントに東京のはずれという遠いところに時間を作ってきてくださった、うさこさんご一家・ともぴーさんとお嬢さん・Mちゃんご一家、母と友人のOさんには心から感謝申し上げます。
お買い上げもありがとうございます(^_^)。
うさこさんには素敵なお花も頂きました♪ともぴーさんとMちゃんは、なんとイベント二日間のご来場!もぅびっくりでした(^_^;ありがとうございました。

戦利品(笑)の話があるので、続きます!

参加記2006・1 |  |  |  | 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もの作りビッグギャラリー参加記2006・3

大福とnsima最後に大福nsima
←写真をクリックすると少し大きな画像が見られます。

私の作品写真、実はあまり撮らなかったのですが、今年はぽち袋を数種類作ってみました。シンプル系で和柄なものにしてみました。
それからクッキーなどを入れてねじって使うワイヤータグも作ってみました。
アイディアは浮かぶのですが、形にしにくくて、このイベントが始まる直前までうだうだと作るのに時間がかかりました。

ぽち袋は使用する紙選びにちょっと時間をかけました。
夏くらいから十数種類の紙を収集。印刷の具合や折り目の付き具合などを研究。
結局使えそうなのは、たった二種類の紙だけでした(^_^;。
そんなものなのでしょうねぇ。

それから形を決め、加工前の展開図を設計し、イラストを描き、貼り込み・印刷・加工・袋詰めと一気に作業をしていきました。

アイロンビーズ作品うちのダンナさんの作品はアイロンビーズです。
小さなマグネットをアイロンビーズの穴に埋め込むという方式なので、マグネットが接着されていて、接着剤がはがれてしまうという不具合はありません。

今回はカエル・ひよこ・メンドリ・オンドリ・キャンディそしてオリジナルなちょっと変な顔などがラインナップされていました。

一番売れていたのはカエル。追加制作したほどです。

親子にわとり変な顔とか

子供達に変な顔シリーズは人気がありましたが、親御さん達が「また今度ね」と敬遠していくのが面白かったです(笑)。やっぱり子供達には理解?されるものなのですねー。
結局一つも売れなかったのです(苦笑)。

でも今回は、足を止めてくれるお客様がたくさんいらしたので、本当に嬉しかったです。

続く!

参加記2006・1 |  |  |  | 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

もの作りビッグギャラリー参加記2006・2

seed-timeでは3人がそれぞれの個性を生かして作品作りをしているので、チームを雑多屋さんと呼んでいます。
今回はその雑多屋さんに特別参加として、うちのダンナさんのアイロンビーズ作品も加えさせていただきました。

お楽しみくじ更にお楽しみくじを採用。
1回300円で、300円では絶対に出せない商品を箱に詰めて引いてもらいました。
結果的にこれが大当たり!
箱は、うちのダンナさんが作ってくれました。丁寧な作りになっていてビックリです。
何しろ×印で点線の切り込み線が入っているところをバリッと破ると商品があるのですが、箱の中は金色なのです(^_^;
細かいところまで色々こだわっているのが好評でした。

商品は、アイロンビーズマグネット・エコバッグ・アクセサリーなど。
物によっては3000円くらいの値札が付いてました。
Cさん、Hさん、太っ腹?!

seed-timeのそれぞれの作品にはブランド名があります。
Cさんの作品がVerdelite(ベルデライト)、Hさんの作品がH2 MAKT(ハニーマーケット)、そして私の作品が大福です。
うちのダンナさんはnSIMA(えぬしま)です。

ベルデライトまずはベルデライト
←写真をクリックすると少し大きな画像が見られます。

Cさんは、ジュエリーデザイナーさんなので、アクセサリーを手作りするのは趣味の領域。
それでも使う素材は半貴石や淡水パールなどの本物の石を使っています。ワイヤーもシルバー。
アートクレイシルバーの素材も天然素材を上手に使って素敵なデザインができちゃうのが凄いんです。

それからアジアンノットを使ってオリジナルの携帯ストラップも作っていました。
色遣いがすごくいいのです。
そして石大好き!なCさんらしい石の使い方。

美しいシルバーシルバーのワイヤーワーク
アートクレイシルバーアジアンノット


H2 MAKT次にH2 MAKT
←写真をクリックすると少し大きな画像が見られます。

Hさんは、ビーズアクセサリーを作っていますが、実は多才な方で、彫金もなさっています。お裁縫も得意。
出展作品は、ビーズを編みこんだアクセサリーや、色々なビーズや彫金を使ったアクセサリー。
これがまた毎回毎回いろいろな表情を見せてくれる素晴らしい作品ばかり。
今回はスワロフスキータイプのビーズなどを使ったバーキンタイプのバッグやケーキがモチーフになっているアクセサリーが!バッグのモチーフはキットがありました。
興味のある方は作ってみてはいかがでしょうか?

またHさんはディスプレイがすばらしく、毎回見せ方を工夫しています。
今回もどれどれ、と覗き込んでみたくなるような並べ方をしていました。

ビーズアクセサリー彫金のアクセサリー
バーキンタイプ
色も素敵なネックレス

続きます!

参加記2006・1 |  |  |  | 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.05

もの作りビッグギャラリー参加記2006・1

今年のブース全景

今回もチームseed-timeとしての出展でした。
ジュエリーデザイナーのCさん・アクセサリーアーチストのHさんと3人で、チームを結成して以来、3度目の挑戦です。
挑戦といっても、毎回採算度外視したところもあり、自分達が一番楽しむイベントとしての意味合いが強いものです。

東京ビッグサイト昨年の教訓を活かし、今回は手作り感の強いブース「手作り市場あ~てぃすと」に申し込みをして、ブース自体に壁のない、オープンなところに行くことにしました。
壁がないと広さはそれまでの半分ですが、出展料はかなり安くなるということ、そして色々な人達との交流ができるのではないか、沢山のお客様が「手作りしてるのね」という見方で通ってくれるのではと期待しての申し込みでした。

ブースそのものは、入場してすぐ右側から入ってきた面で、しかも角。なかなか良いロケーションです。
壁のあるブースだと、どうしても壁にもディスプレイをしてしまうので、中に入ってきてもらいたくなるのですが、今回は壁がないので、商品を前面に出す方法を採用。
ちょっと狭いけれど、3人が座るスペースも確保でき、角地という条件の良さが幸いしました。

3度目ともなると準備も手際良くなり、少し余裕が出てきました。

右隣のブースは手作りバッグのお店、真裏はガラスアートの工房とのことで、準備日から少しお話ができ、交流の第一歩というところで嬉しくなりました。

続く!

参加記2006・1 |  |  |  | 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もの作りビッグギャラリー参加記2006

入口今年で3回目のイベントとなったもの作りビッグギャラリー
私達チーム・seed-timeも同じ3回目の出展です。

今年は9月23日(土)・24日(日)に開催されました。

参加記2006・1 | 参加記2006・2 | 参加記2006・3 | 参加記2006・4 | 参加記2006・5

2004年のレポート
2005年のレポート

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »