« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007.01.29

年賀状コンペに今年も応募しました

今回で3回目の応募になります、JDN年賀状デザインコンペ2007
http://compesys.japandesign.ne.jp/syukei2/winter2007.php3

今回も昨年に引き続き、デジタル部門に2作品応募しました。
そのデジタル部門では読者投票もあり、私の作品もここに掲載されています。

投票は1日1人1回のみ有効です。
作品は2点ありますので、同時にチェックマークを入れていただけると嬉しいです。

お時間のある時にでもさくっと見てください。
わりと最初のページ(だいたい2~3ページ目)に掲載されていますので、よろしくお願いいたします。
番号は日々変動するようです。

※投票していただいた方の中から、抽選で10名様に1,000円分の図書カードをプレゼント!とのこと。
 昨年は、私の知人が2人も抽選に当たったそうです!すごい高確率ですよね(^_^;
※投票締切:2007年2月9日(金) 結果発表:2007年2月下旬です。

↓ クリックするとそれぞれ別窓で拡大表示します。

Jdn2007_01
その1

Jdn2007_02
その2

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007.01.27

ケータイ買い替えました

D902i数日前に携帯電話がどこでも「圏外」になるなぁと思っていたら、画面フリーズをしょっちゅう起こすようになってきました。
昨日はメールや電話の途中に画面が真っ暗に。

買ってからたぶんこれで丸々4年くらい。ならば仕方ないことか。
PCでデータ吸い出ししました。

そして、今朝起きて携帯を見ると、電源がオフになっていました。


もう・・・だめなのね。


てなわけで、午後、うちのダンナさんとケータイショップへ行ってきました。
DoCoMoユーザー8年目(たぶん)なので、movaからFovaへの移行です。
うちのダンナさんも機種は違うしまだ壊れていないけど移行することに。
でも私が選んだのは在庫があったのですが、ダンナさんのはなし。とりあえず私のほうだけチェンジとなりました。
それと最新版じゃなくて1つ前の。
今のがもんのすごーーく古いので、最新版じゃなくても私には充分新しいのです(^_^;

今嫌なのは辞書登録のやり直し。ちょっと面倒なので、放置しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.26

図書室でボランティア

絵本のコーナー子供達の通う学校の図書室では、保護者が「図書ボランティア」として週1回活動しています。いくつかあるスクールサポーターズ制度の中で、これなら私にもできそうだと思って、娘@小3が1年生の時に登録して、ぼちぼち活動しています。
週1回午前中に、登録したボランティアさんが来られる時に来られる時間だけでも活動する、という感じのゆる~いものですが、ここのところは毎週行くようにしています。
活動は書架整理・本の修理が中心です。
ブッカーという本に透明なフィルムを貼る作業もありますが、このところの新刊はブッカーがかかってくるようになりました。

椋鳩十の本それから図書室の飾り付け。折り紙が得意な方の指導をいただいて折り紙を使って季節の飾り付けをします。
年に数回は「折り紙教室」を子供達に開いたりして盛況です。
読み聞かせも始めました。
そして、飾り付けのほかにコーナー紹介のポップを作ったりします。

←これは今特集している「椋鳩十」の本のコーナー用ポップ。

その他には「ふゆの本」、「新着本」「借りられます」などの案内もボランティアで作ります。
参加ボランティアが少ない時期なので、ポップのほとんどをこの頃は私が作っています。

ふゆの本

来月は節分ということなので、「オニの本」というポップを作りました。
両面に青オニと赤オニを描いてみました。

オニの本・青オニオニの本・赤オニ

色々な本を手に取ることも楽しいし、集まってきたボランティアの皆さんとのおしゃべりも楽しいです。
図書指導員のNさんが明るくてステキな方で、本の知識が豊富。
各クラスで自主的に行っている読み聞かせボランティアの本選びもアドバイスをしてくれます。

追記:
良く見たらオニに角を付けるのを忘れてました(^_^;!!!!
来週付けなくちゃね(笑)

追記2:
「来週」に行けなかったので、同じボランティアのKさんにお願いしてステキな角を付けていただきました。多謝!!
オニの本・青オニ角付きオニの本・赤オニ角付き


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.24

温かな食事

新じゃがの揚げ煮気持ちに余力があるときは料理にも余裕が出ます(笑)。
このところずーっと簡単スピード料理が多かったのですが、ここ数日は色々な食材を彩りよく使うことを考えたり、普段あまり使わない食材を使う、などを考えたり、ちょっと気力があるような料理をしています。

私の場合いきおい煮物が多くなりますが。
まずは新じゃがの揚げ煮。
小麦粉をまぶした新じゃがを煮汁に入れてさっと煮るのです。煮汁は甘めにします。
大人も子供も喜んで食べてくれます。冷めても結構美味しいです。

ひじきと鶏の煮物それからひじきと鶏もも肉の煮物。炒り煮です。
これを作ったときは乾燥ひじきを少ししかストックしていなくて、ちょっと残念。次はもう少しひじきを多めにしたいです。
私は長ひじきはあまり好きじゃなくて、芽ひじきを多く使います。乾燥ひじきのほうが旨味が多く出るような気がするので多用しますが、水でもどす時間がないときは生ひじきも使います。

高野豆腐の含め煮そして今日は、久しぶりに高野豆腐の含め煮を作りました。
子供の頃はパサパサしている感じが好きじゃなかったのですが、今日はふっくら味がしみて美味しくできました。
子供達はやっぱりあまりなじみのない食感だったせいか、少ししか食べませんでしたが。

温かな食事は、心も温かくするのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.22

春の足音

菜の花のつぼみふと顔を上げてみると梅の花が満開になっているおうちがありました。

今日小学校に広報紙の取材で行ったら、花壇に菜の花が。
鮮やかな緑の葉を伸ばしていて、つぼみもたくさんつけていました。まだ膨らんではいなかったけれど、春はもうすぐ、確実にやってきます。
沈丁花もつぼみをつけているとラジオで言っていました。

今年は暖冬で、厳しい寒さの中で春を待ち焦がれる気持ちが薄れているけれど、それでも暖かなあの気持ちの良い空気が待ち遠しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.21

ガールスカウトって

♪友野家日記年末の話になりますが、ブログの交流で知り合いになった、ともぴーさんの呼びかけでお嬢さんが入っているガールスカウトに色鉛筆を寄付しました。
ピースパックという、ミャンマーへの文房具や靴などの援助品を送る活動があり、ともぴーさんのお嬢さんが所属しているガールスカウトでもそのための援助品を募集していました。
私も何かないかなぁと思ったのですが、靴はあまりにもボロボロで、洗ってもダメそうなものばかりだったので断念。そこで100円ショップで買った色鉛筆を送ることにしました。
娘も使っているもので、18色のタイプ。色々使うし、子供会関係でも寄付を募られたりするので、そのためにまとめて買ったものが4セットあったのです。
年末になってしまいましたが、ともぴーさんに送りました。

無事に到着し、ミャンマーに旅立っていったようです。

ガールスカウト東京142団そしてともぴーさんが運営している所属スカウトのブログで御礼の記事を書いてくださいました(*^_^*)。照れちゃいます。たいしたことしていないしね。

こういう活動は地道に受け継がれていくものなんでしょう。
ともぴーさんは、お嬢さんだけが活動するのではなく、お母様としてもリーダーとなり、こうしてブログを運営したり、本当に頭の下がる活動をされています。
ほかにも色々な活動、そして仕事をなさっているので、そのバイタリティたるや、驚いてしまいます。

ガールスカウトって、かっこいいですよね。
でも見た目のかっこよさより内面の地道さ、ひたむきさ、そこをきちんとできる強い心を育てるのかもしれません。

これからも何かお役に立てればと思います。
時々ブログをのぞいてみます。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007.01.18

表参道ヒルズへ

先週、娘@小3の母親学級友達二人と原宿に行ってきました。

母親学級友達とは10年、何かと交流を持っています。
最初はわたしを含め6人のグループになり、子供が生まれてからは家族ぐるみでのお付き合い。
6家族で集まったり、どこかに行ったり色々楽しんできました。

昨年そのうちの1家族が海外へ転勤で越してしまい、寂しくなりました。
それぞれが色々なところに住んでいたので、子供達が大きくなってくるとそうしょっちゅう会うこともままならなくなってきて、年に1回くらいぽつぽつと会えるくらいになっていたのですが、昨年秋から子供が学校へ行っている間に3人で会う機会を月1回持つことができるようになりました。
それを海外へ行った友人にメールで連絡したりしています。

表参道ヒルズ原宿での最初の目的は、表参道ヒルズへ行くこと。
ま、おのぼりさん状態ですね(^_^;
原宿は仕事やっていた頃は毎月行っていた場所だし、全く知らない街というわけじゃないんですけど、用もないのでなかなかね。

表参道ヒルズ入口表参道ヒルズは言わずと知れた同潤会青山アパートの跡地に建てられた地域再生プロジェクト。
15年くらい前に、このアパートの一室にお邪魔して、インターネットの話を伺ったことがありました。
オシャレな空間にマックが数台並んでいて、一人で起業しているという人から、クリエイティブな話を聞き、これからはインターネットがなくてはならない時代になる、ということを話してくれたのを記憶しています。
表参道ヒルズの上層部にあるゼルコバテラスは月の賃料がとてもとても高いそうです。
同潤会青山アパートの面影も建物の中に残されていて、懐かしいツタのからまる壁を思い出しました。

内部をやや下から見上げたところ中に入ると低層のように見えたのに、とても広く感じました。傾斜地に建てられていることと、景観に配慮して、地上部3階地下3階になっているのだそうです。
螺旋階段のようにゆるやかなスロープを歩くといつの間にか階が変わっている、という感じです。

やや上から見たところお店自体はハイソな洒落たテナントばかりで、敷居は高いです。
私のようなおのぼりさんな人が多いらしく(苦笑)、みなウインドーショッピングな感じでした。
どれも小奇麗にまとまっているので入りにくいんですよねぇ。
オシャレなコートがあって、友人が試着しました。
いいなぁって思っても私のサイズないし・・・(^_^;

ランチは青山ダイヤモンドホール レストラン・セブンシーズでランチブッフェをいただきました。
友人の一人がこのホールで挙式したんだそうです。
「なんで挙式に来なかったんだっけ?」「知り合ったのは子供産むときだったじゃない!」なんて冗談を言いながら、楽しいひと時を過ごしました。

ランチビュッフェ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.11

初詣は3つ?

初詣といえば、元日に一番近い地元の神社に行きますが、去年も今年も父と子供達だけ。
どうもウダウダと過ごしてしまいます。

参拝の人並三日に買い物ついでに府中の大國魂神社へ行きました。
三が日に行ったことがなかったのですが、すごい人出!境内では入場制限があって、びっくりでした。
武蔵国の総社です。
ここは本殿の裏に大きなイチョウの木があります。樹齢約700年。ほかにも巨木や古木が多くあり、その長寿について研究されていると聞いたことがあります。
やっと拝殿にたどりつき、参拝。家内安全を祈願してきました。

おみくじ娘@小3は従兄妹の家に泊りがけで行っていたので、息子@小1だけ連れて行きました。
おみくじを引くと小吉。勉学はがんばれ、とありました(^_^;

八方除のお守りと子供達にそれぞれの干支のお守りを買い求めてきました。
干支のお守り、ちょっと小ぶりで可愛いです。

お守り

高幡不動駅成人の日に今度は、家族全員で恒例の高幡不動尊金剛寺へのお参りです。
両親と一緒にお祓いです。
家内安全と車の祈祷をしてきました。

ここは他と違って車だけ別に交通安全祈願をしてくれるので毎年行っています。
ただし車で行くと境内の駐車場に入るだけでものすごい時間を要するので、電車で。
高幡不動駅が高架になっていて駅舎が豪華にリニューアル中でした。
昨年も改修工事はしていましたが、こんなになるとは驚きです。
20年くらい前まで14年間ピアノのレッスンで毎週土曜日通っていた頃に比べると、駅前もずいぶんと様変わりしました。

五重塔護摩修行は人が多すぎて入れなかったのでパス。母だけ修行してきたようです。
その間に車のお祓いと屋台めぐりなどをしていました。
ところで毎年行っているのに、境内では入口付近だけしか見たことがありません(苦笑)。
もっと奥に修復した「丈六不動三尊像」(千年ぶりに修復したもの)があったり、いろいろな建物や仏像などがあるのにゆっくり見に行ったことがありません。
いつかゆっくり・・・と思いつつも結局屋台の誘惑に負けてしまうのでした。とほほ。

境内の屋台屋台はどこでもそうなんですが、やっぱり魅力的。ただお昼前に行っているので、昼食のことを考えると大好きなクレープはちょっとあきらめてしまいます。残念。
いろいろな屋台が出ていると活気があっていいですね。
大國魂神社でもあれこれ見て楽しみました。

まるごとタコのタコ

たこ焼きが最近は大粒になっています。400円~500円で6個が主流。大きいとたくさん焼かなくていいからでしょうか。ただ中のほうが生っぽかったり粉っぽかったりするものもあります。
タコが大きいのは嬉しいけれど、今年は小さいタコがまるごと入っている!という屋台が多かったです。
ためしに買ってみたけど、普通のタコのほうが美味しいです・・・。
少し小さめで周りがカリッ、中がフワッというたこ焼きがいいな。


おみくじ2高幡不動でもおみくじを引きました。ここのおみくじは小さな金色のお守りが入っているのです。
私とうちのダンナさんは大吉を引きました♪
子供達は末吉とか吉かな。息子@小1は引いてすぐにお守りをどこかに落としてしまい、二度引きました(^_^;

帰りは聖蹟桜ヶ丘に移動して、ランチは母の知り合いのお肉屋さんが経営しているというとんかつ屋さん「三九三」へ。
お肉屋さんの直営なので、お肉の美味しいこと!ボリュームもすごい。
先のことを考えずに屋台で色々食べてしまったので、お腹がパンパンに。
すごくお腹がすいているときに行きたいお店です。

年の初めの参拝は無事に済ませました。
良い一年になりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.09

チェブラーシカDVD再発売

1969年から作られた旧ソ連時代の人形アニメ、チェブラーシカ。
ここ数年日本でも「可愛いキャラクター」として認知されてきて(ヴィレッジヴァンガードあたりが情報発信源?)、静かなブームになっていると思うのですが、DVDはやや入手困難です。

CSのアニマックスでも昨年のクリスマスイブに初放送されました。

以前まで版権を持っていたチェブラーシカジャパンの「cheb.tv」というサイトでは上映権がなかなか難しく大変だということが書かれていたのですが、そのサイトでも「権利が終了しました」となっていたし、どうなるのかなぁと思っていたら、テレビ東京系などの会社が新しくチェブラーシカ・プロジェクトなる版権関係の会社を起こし、今後のパブリッシャー権などを管理することになったようです。

新しいチェブ公式サイトもできていました。
チェブラーシカ公式サイト
http://www.cheb-project.com/

そして、限定3000セットのDVD-BOXが発売されることも発表されています。
まず第1期1500セットが2007年2月14日に発売、予約は1月21日24:00まで
価格は9800円

デジタルリマスター・新日本語字幕版の4話/シリアルナンバー入りのチェブのレプリカ人形/ポストカード3枚

という内容だそうです。

気になるのは第4話の吹き替えはどうなるのか?というところです。
というのも、今あるDVDでは3話までは日本語吹き替えがあるのですが(チェブの声はピカチュウで有名な大谷育江さん)、第4話だけ「おまけ」という扱いで吹き替えはないのです。
ロシア語のステキな響きもいいのですが、いかんせん子供と一緒に観るとなれば吹き替えがあったほうがいいんです(^_^;
そしてワニのゲーナが哀愁溢れる歌を歌うのも吹き替えの江原正士さんの歌が良いのですよ~。
子供達と一緒に歌っちゃったりして。

アニマックスでリピート放送がまだ2月に2回あるようなので、その放送で確認してみようかな。

私はDVDを持っているので、デジタルリマスターも見てみたいけど、買うほどでもないかと思ったり。
高いしねぇ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.01.07

雑貨のお店「カフェコレクション」閉店へ

Cafe4

息子の幼稚園時代のお友達のママが開いていたネットショップ「カフェコレクション」が、このほど閉店することになった、と連絡をもらったのは昨年12月のはじめ頃。

1年ちょっと前に記事にしたときは、実店舗もあって、そこにお邪魔したりしたのですが、諸事情あってネットショップだけになり、このたび色々と飛躍するために一度お店を閉めることにしたのだとか。

2006年いっぱいでの閉店だったのですが、ゆっくり見られないという声もあって、1月いっぱいまで注文可能になっているようです。

個人的にはその雑貨の選び方のセンスがとてもよくて大好きだったんです。
特に文具類。
「ラチとライオン」や「チェブラーシカ」のグッズを紹介してくれたり、ヨーロッパテイストあふれるグッズがたくさんありました。

木のぬくもりあるおもちゃやオシャレな文具のセットが驚くほどのお買い得価格で出ています。
まだ間に合うので、よかったらショップを見てくださいね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007.01.06

大吟醸「めぞん一刻」揃い踏み

化粧箱
昨年5月に記事にしたふじの井酒造の大吟醸「めぞん一刻」がこのほど全4種類とも発売となったのでお知らせします。

720mlで5250円。
各バージョンとも2000本限定だそうです。

化粧箱のキャラクター

我が家では「初夏」バージョンを購入しました。
外箱は重厚な黒地で、濃い黒で各キャラクターが描かれている豪華なつくりの化粧箱です。
この化粧箱は4種類とも共通のようです。

中身全景そしてお待ちかねの中身。
響子さんの爽やかな笑顔。ちょっと若返ったようにも見えます。
サイトを見てみると、この爽やかな「初夏」バージョンのほかには「夏」「秋」「冬」というバージョンがあるのですが、それらのラベルのほうがぐっと大人っぽい響子さんになっていました。
特に「冬」の和服姿の響子さんは、日本酒にぴったり♪な感じがして、ステキです。

ラベルアップサイトにはふじの井酒造社長と高橋留美子さんの対談が掲載されています。
ふじの井酒造は、友人の夫君のご実家。
ということは、社長は夫君のお兄様なのですね~。

各対談のところをクリックすると、各バージョンのラベルをちょっと大きく見ることができます。

封印裏面

封印上肝心の味なのですが、爽やかな口当たりで、ほのかに甘みがありました。
大吟醸ならではのフルーティな香りもよかったです。
夏は冷やして、冬はほのかな人肌燗でいただきたい、そんなお酒です。


ふじの井酒造「酒蔵一刻館」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.01

新年のご挨拶

Newyear2007

2007年が明けました。
いろいろなことがありそうな一年ですが、皆様のご多幸をお祈り申し上げます。

我が家は、おだやかな天気に恵まれ、おだやかな元日となりました。
今、妹一家が年始参りに来てくれて、楽しく過ごしています。
両親も嬉しそうです。

年賀状もたくさん頂きました。ありがとうございます。
今回も大晦日の夜の投函だったので、お手元に届くのが数日後かと思います。
年賀状のやり取りをさせていただいていない方は失礼ながらこちらでのご挨拶に代えさせていただきます。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »